和食の基本 お米のレシピを覚えたい

主婦の方や、若い女性の方は、お米で気軽に作れるレシピを覚えたいと思うので、簡単なメニューを紹介してみました。

SITE NAVI
和食の基本 お米のレシピを覚えたい
和食の基本 お米のレシピを覚えたい

お米のレシピを覚えたい

お米は、日本人の伝統的な主食なので、ほとんどの方が毎日食べています。圧力鍋や土鍋で、炊きたてのご飯を食べるのは本当においしいですし、どんなおかずとも合うので、飽きずに毎日食べることが出来ます。家族の多いご家庭であれば、多めにごはんを炊くので、余らせてしまうことがよくあります。私の家では、冷やごはんをレンジで少し温めて、ハムや卵、ネギ、レタスなどを加えてフライパンで炒めてチャーハンにしたり、焼きそば麺があると、キャベツやにんじん、ちくわ、豚肉などを食べやすい大きさに切っておき、焼きそば麺を一口サイズに切って、フライパンで炒めてそばめしをよく作ります。かつおぶしやのり、紅しょうがをトッピングするとおいしいです。

秋になると、栗や松茸などの秋の食材が手に入るようになるので、これらを使った炊き込みご飯を作ると家族がとても喜んでくれます。栗ごはんは、冷凍の栗でも作ることが出来ますが、新鮮な栗が手に入った時は、お米を洗ったら、適量の栗を入れて適量の水を入れて、塩やお酒でシンプルに味付けをすると炊飯器で炊くだけで作ることが出来ます。松茸ご飯は、中高年の方から、高齢者の方まで幅広い方に人気のあるメニューなので、季節になったら作ってみると良いと思います。炊飯器を使って気軽に作れるメニューを覚えたいと思って入る主婦の方や、若い女性の方が多いと思うので、炊飯器チキンライスのレシピを教えるので試してみると良いと思います。

しめじやマッシュルーム、玉ねぎなどを食べやすい大きさに切って、フライパンで一口サイズに切った鶏肉を炒めておきます。吸水させておいたお米を炊飯器にセットして、野菜やきのこ、鶏肉を加えてケチャップ、お酒、ウスターソース、少量の砂糖を加えて炊飯のスイッチを押すと、炊き上がったら出来上がっています。お子様が夏休みや休日に家にいる時に作ってあげると良いと思います。フライパンで卵を焼いて巻いたり、半熟にしてトッピングしてもおいしく食べることが出来ます。